まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

12/25 師走の郡山・三春・白河へ

この日は18きっぷで郡山周辺へ日帰りでお出かけ。建て替え予定の三春町役場を見に行くついでに未訪問駅も片付けてきました。

f:id:Sakasegawa3019:20210111060549j:plain

東北本線629M

高田馬場4:48発山手線外回り0403G(クハE234-8)、池袋5:02発埼京線川越行き444K(クハE232-7027)、赤羽5:20発宇都宮行き521M(サハE231-3010)、宇都宮6:58発普通黒磯行き629M(クハ205-607)、黒磯7:54発普通新白河行き4127M(クハE530-5004)、新白河8:22発普通郡山行き2127M(クモハE721-32)と乗り継いで郡山へ。

f:id:Sakasegawa3019:20210111061433j:plain

郡山駅

郡山駅も何度か来ている駅ですが、乗り換えばかりであまりちゃんと撮った記憶がありません。この機会に撮ろうと思いましたが、生憎足場が組まれていました。

f:id:Sakasegawa3019:20210111061637j:plain

吉田薬局

磐越東線への乗り換え待ちの時間を利用して周辺を散策し、吉田薬局を撮影。昭和8年に建てられたアールデコ調の建物で、装飾や屋根の形に個性が溢れています。

f:id:Sakasegawa3019:20210111062210j:plain

三春駅

郡山9:55発普通小野新町行き728M(キハ112-108+キハ111-108)で三春へ。田村郡三春町の玄関口で、平成5年12月改築の駅舎は城下町をイメージしたもの。物産店・レストランを兼ねた「ばんどうプラザ」が併設されています。前回は日没後でしたが、今回は逆光で正面からの撮影が上手く行きません。

駅は町の中心部からは少し離れたところにあります。

f:id:Sakasegawa3019:20210111062906j:plain

田村郡三春町役場

駅から20分ほど歩いて三春町役場へ。昭和40年9月竣工の古い庁舎で、一目見ただけで分かるくらいの年季の入りようです。ここもご多分にもれず建て替え工事中で、隣に建設中の新庁舎は5月開庁予定。内部も老朽化しており、55年間も使い続けてくるのはさぞ大変だったことでしょう。

本当は城下町三春の街並みも見たかったのですが、役場を撮るだけで予想以上に時間がかかってしまったのでまた今度来る時に見ることにしましょう。

f:id:Sakasegawa3019:20210111064122j:plain

日和田駅

三春11:58発普通郡山行き733D(キハ111-108+キハ112-108)と郡山12:42発普通福島行き1141M(クモハ701-1025)を乗り継いで日和田へ。

昭和40年に郡山市と合併した旧安積郡日和田町の駅で、昭和59年の無人化以降に建てられたと思われる簡易駅舎があります。一見小さなローカル駅のように見えますが、利用者はそれなりに多いようで昼下がりの駅では10人以上が列車を待っていました。

f:id:Sakasegawa3019:20210111065151j:plain

凛々亭 豚バラマヨまぜそば

日和田13:01発普通郡山行き1142M(クハE720-9)で郡山へ戻り、駅近くの凛々亭で昼食。900円と普通の油そばと比べるとちょっとお高めですが、ボリュームたっぷりでスープと追い飯が付いていることを考えればまあ普通の値段でしょう。他の店にはないような個性的なメニューが多く並んでいて、何度来ても飽きることは無さそうです。

f:id:Sakasegawa3019:20210111070120j:plain

安積永盛駅

郡山13:46発水郡線常陸大子行き328D(キハE131-13+キハE132-13)で安積永盛へ。前回の訪問は日没後で納得いく写真が撮れていなかったので5分足らずの時間を利用して再撮影。駅舎の改築年は不明ですが、形状からして戦後のものだろうと思われます。

f:id:Sakasegawa3019:20210111070604j:plain

白河駅

安積永盛13:55発普通新白河行き2142M(クハ700-1505)で白河へ。「みちのくの玄関口」白河市の代表駅で、大正10年に建てられた三角屋根の洋風木造駅舎が現役で使用されています。詳しい月日までは調べても出てきませんでしたが、この駅舎も今年(令和3年)で築百年。ダイハツのCMに登場したのは記憶に新しいところです。


TVCM ムーヴ キャンバス 「COLORING LIFE 駅」篇(15秒) ダイハツ公式

f:id:Sakasegawa3019:20210111072013j:plain

白河ハリストス正教会

次の列車までは2時間近くあるので白河市内を散策。

白河ハリストス正教会聖堂は大正4年5月完成。福島県指定重要文化財です。

f:id:Sakasegawa3019:20210111072318j:plain

白河市役所

白河市役所は昭和47年竣工、設計は春日部市役所なども手掛けた建築モード研究所

耐震工事中だったので工事が終わったらリベンジすることにしましょう。

f:id:Sakasegawa3019:20210111072830j:plain

屋(たまきや)

玉㐂屋は何かの店舗だったようですが、廃墟化して屋根が抜け落ちています。あまり見かけない「㐂」は「喜」の異字体なんだそうです。

f:id:Sakasegawa3019:20210111073607j:plain

白河小峰城

最後に白河小峰城へ。陸奥国白河藩の居城で、戊辰戦争によって焼失しましたが、平成3年に復元されました。東日本大震災では石垣が被害を受けました。

白河藩と言えばやはり一番有名なのが老中・松平定信でしょう。老中としては毀誉褒貶ある人物ですが、白河藩主としては名君だったようです。

16時閉館だったので小峰城を見れたのは10分ほどでした。

f:id:Sakasegawa3019:20210111074916j:plain

白河駅

白河駅に戻り、16:22発普通新白河行き2146M(クハ700-1505)、新白河16:31発普通黒磯行き4142M(クハE531-4001)、黒磯17:14発普通宇都宮行き668M(クハ205-612)、宇都宮18:15発宇都宮線小田原行き1623E(サハE231-3039)、赤羽19:57発埼京線新木場行き1830K(クハE232-7034)、池袋20:07発山手線内回り1960G(モハE234-21)を乗り継いで帰宅しました。