まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

【悲報】ブルトレ全廃へ・・・

イメージ 1
ついに「北斗星」の27年度末での廃止が発表されました。
イメージ 2
「あけぼの」も廃止されるし、結局今のところ廃止が発表されてないのは「はまなす」だけになりますが、走行区間を考えると廃止されるかもしれません。
昭和50年代はいっぱいあったのに・・・
わずか30年で全廃ですか・・・
JRは乗客が少ないからと言っていますが、一番の理由は車両の老朽化です。乗客だって休日を見れば結構多いし、新幹線が出来ても非有効時間帯に移動できることなどから人気があります。
同じように非有効時間帯に移動できる交通手段に夜行バスがあります。速度を見れば列車の方が早いのですが、なぜ夜行バスの方が人気があるのかといえば、寝台特急は値段が高いからです。
あれだけ値段が高ければ乗客が離れていくのは当然で、値下げをすれば乗客が増えるのかもしれません。
非有効時間帯に移動できるということは大変便利です。
たとえば北海道に行くのにいくら早朝の飛行機に乗ったとしても、飛行機と列車を乗り継いで札幌に着くのは9時ごろになります。
新幹線と「白鳥」を乗り継いで函館に行ったとしても、到着は12時過ぎになります。
つまり、北海道までの移動に時間を費やしてしまい、その分観光に使える時間が減ってしまうということです。
夜行列車や夜行バスなどを使えば観光に使える時間に移動しないので、その分観光に使える時間が多い
 
(ここからは個人の意見)
だから僕は夜行列車が走らなくなった東京や新潟へどこかを経由せずに行く時は夜行バスを使うことになると思います。
色々な所に寄りながら行く場合は在来線普通列車で行くことになると思います。
なぜ新幹線や飛行機を使わないのか疑問に思う人もいるでしょうが、新幹線を使うと金がかかるからです。