まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

9/14 貴志川線駅めぐり

イメージ 1和歌山から貴志行き普通に乗りこみ、甘露寺前で下車
イメージ 2
貴志で折り返してきた列車で戻って山東
みかん畑の中にある小駅
イメージ 3
西山口
かつては「長山」という駅名でしたが改称されました
イメージ 4
1駅戻って大池遊園
読み方は「おおいけ」ではなく「おいけ」です
かつては交換設備がありましたが撤去されています
イメージ 5
猫の顔を模した駅舎が特徴的な貴志
水戸岡鋭治さんがデザインしたそうです
イメージ 6
この日勤務していたのは「ニタマ」伊太祁曽駅長でした
和歌山電鐡の親会社である両備グループのお膝元、岡山市内の国道53号線で保護され、三毛猫という縁で和歌山へやってきました
休日ということもあり、観光客が多かったです
イメージ 7
次に下車したのは神前
「こうざき」と読みます 
イメージ 8
吉礼
集落の中にあり、他の駅に比べると駅周辺は活気がありますがここも無人駅です
なぜか駅名表がありませんでした
イメージ 9
竈山
解体された駅舎の一部が残されています
イメージ 10
岡崎前
1面2線の交換駅です
駅の入り口からホームまでは少し離れています
紀伊国一の宮である日前宮の最寄り駅
次の列車まで30分あったので参拝してきました
イメージ 12
交通センター前
名前の通り、和歌山県警本部交通センターの最寄り駅です
駅前の交通公園には南海平野線の車両が保存されています
トワイライトの時間が近付いてきたので駅めぐりはこれで終了
田中口と伊太祁曽が残っていますが次の機会に回します