まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

4/26 姫路モノレールの遺構をたずねて

今日は姫路の親戚の家に行ったついでに姫路モノレール(昭和54年廃止)の遺構を見てきました
イメージ 1
「白すぎる」と話題になった姫路城を遠くから撮影した後、姫路駅からモノレールの廃線跡を辿ります
イメージ 2
姫路駅を出て西へ進むとまもなく、住宅街の中に橋脚が突然姿を現しました
他は撤去されたのにここだけ撤去されずに残っているのは邪魔にならないからだそうです
イメージ 3
この付近には他にも建物と一体化した橋脚などが残っています
イメージ 4
山陽電鉄の高架をくぐった先にも屋上に橋脚の立つ建物が続きます
イメージ 5
モノレールの廃橋脚と山陽電鉄の新しい高架
なんだか不思議な光景です
イメージ 6
そのまま橋脚を頼りに廃線跡に沿って進むと大将軍駅に着きます
ビルの3階部分にモノレールの駅がありました
イメージ 7
大将軍駅の前に立つ橋脚は蔦で覆われ、まるでモニュメントのよう
イメージ 8
モノレール駅とビルとマンションが一体化した昭和40年代にしては先進的な大将軍駅(高尾ビル)ですが、老朽化などの理由により、今年5月以降の解体が予定されています
イメージ 9
解体を控えて、住民がほとんど退去してしまったためかビルに人気はなく、まるで巨大な廃墟のようです
イメージ 10
道路の反対側の歩道からホームの様子をカメラの望遠で撮影してみると、駅名標が確認できました
昭和43(1968)年休止当時の姿を50年近く経った今も留めているようです
イメージ 11
大将軍駅から先も橋脚跡が続きます
イメージ 12
川に沿って続く軌道桁
もしモノレールが今も現役であれば、撮影地になっていたかもしれません
イメージ 13
新幹線との交差部分
モノレールの運行が休止されたのが昭和49年なので新幹線との共演が見られたのはわずか2年でした
イメージ 14
途中でプツリと切られたモノレールの軌道桁のそばを姫新線の列車が行く
イメージ 15
JRを越えた先も軌道桁は続きます
イメージ 16
高く空へそびえるモノレールの橋脚と軌道桁
その姿はまるで遺跡のようです
イメージ 17
姫路駅付近より続いてきたモノレールの遺構は終点の手柄山駅を前にして突然途切れます
終点の手柄山駅には車両も保存されていますが、今回はそれほど見る時間がないのでパスし、京口の親戚の家へと戻ります
イメージ 18
山陽手柄駅まで歩き山陽姫路行きに乗車
手柄駅はこれで訪問となりました
イメージ 19
山陽姫路駅の駅構内などを撮影して訪問基準を満たした後は、JRの姫路駅へ
イメージ 20
姫路駅の展望テラスからは大手前通りの先にそびえる姫路城を見ることができます
イメージ 21
姫路からは播但線に乗り、一駅隣の京口
イメージ 22
都会的な高架駅ですが無人駅です

この日の訪問駅は山陽とJR併せて4駅
訪問駅数は445駅に達しました