まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

8/15 常磐線駅めぐり

水戸駅前バス乗り場で妖鴨氏と合流し、水戸14:01発土浦行き558M(サハE531-21)に乗り、羽鳥で下車

イメージ 1
駅舎は小洒落た感じの木造駅舎で、特徴のあるファザードは昭和後期から平成初期頃に行われた改装によって追加されたものだと思われます
イメージ 2
駅舎内部を見てみると、窓ガラスの代わりにステンドグラスがはめ込まれた部分があるなど、狭いながらも凝った駅舎のようです
14:55発上野行き424M(クハE530-16)で石岡へ
イメージ 3
改装された木造駅舎は橋上化工事の進行に伴って半分化されており、痛々しい姿を晒していました。現駅舎の隣にはすでに新しい橋上駅舎がほとんど完成しており、この駅舎が役目を終える日もそう遠くないと思われました。
イメージ 4
新駅舎の完成イメージ
現在の駅舎に比べるとかなり大規模なものになるようです
イメージ 5
新駅舎の一部は9月5日から供用開始されるとの貼り紙もあり、実際に今日9月5日始発より供用開始され、旧駅舎は役目を終えたようです
イメージ 6
石岡15:29発上野行き428M(クハE530-1)で神立へ
ここにも改装された木造駅舎が残っていますが、石岡同様に橋上化が計画されており、予定では今年のうちに着工され、再来年の完成を目指して工事が行われるようです
16:10発上野行き432M(サハE531-30)で神立を後にし、土浦へ
土浦駅のホームで妖鴨氏とわかれ、再び432M(クハE530-2019)に乗り、上野へと向かいました