まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

8/27 和歌山線 奈良県内の駅をめぐる

桜井から12:08発和歌山行き543T(クハ105-3)に乗り、和歌山線の掖上で下車

イメージ 1
昭和4(1929)年5月竣工の木造駅舎が残っています
壁は白い新建材で覆われているので趣はあまりありません
逆光で暗くなっていたので露出を上げて撮ったら妙に白っぽくなってしまいました
イメージ 2
12:51発奈良行き444T(クハ105-4)で3駅戻り、大和新庄
駅舎はリニューアルされてはいるものの結構古い木造モルタル駅舎です
駅舎には建物財産標がついていませんでしたが、別棟の便所には「昭和12年3月」の建物財産表が付いていました
駅舎と便所が同時に建てられたものだとすれば、駅舎は昭和12(1937)年の改築
イメージ 3
13:32発和歌山行き461T(クモハ105-503)で玉手へ
平成3(1991)年開業のホームだけの駅で、駅の真上を京奈和自動車道が通っています
駅前は上の写真からもわかるように田んぼしかありません
イメージ 4
駅前にある公衆トイレの洗面台の所にいたカエル
温度が低く直射日光も当たらないので過ごしやすいんでしょうね
イメージ 5
13:53発奈良行き448T(クハ104-501)で御所へ
明治29(1896)年開業時からの古い木造駅舎が現役です
かなり補修されていますが、外壁が塗装されていないので趣があります
イメージ 6
駅前に咲いていた朝顔の花と駅舎を絡めて撮ってみましたが、結構難しい・・・
イメージ 7
駅の近くの商店街
閉店している店も多いですが、どこか懐かしい昔ながらの商店街の姿が残っています
イメージ 8
駅めぐりをここで終了し、14:35発和歌山行き465T(クモハ105-508)と和歌山からの御坊行き16:45発367M(クハ222-2513)で紀三井寺に向かいました