まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

12/26 減便直前!石勝線駅めぐり その1(占冠・新夕張・沼ノ沢)

イメージ 1
1分遅れて到着した十勝清水8:26発特急スーパーおおぞら2号札幌行き4002D(キハ283-8+キハ282-3002+キハ282-6+キハ282-3004+キロ282-2+キハ282-2006+キハ283-14)に乗車
やっぱり特急列車は乗り心地もよく、いつまでも乗っていたくなりますが9:21着の占冠で下車
イメージ 2
乗ってきたスーパーおおぞら2号は3分遅れて到着した9:22発特急スーパーとかち1号帯広行き31D(ST-1105+ST-1202)の到着を待って発車して行きました
イメージ 3
スーパーとかち1号も定刻より4分遅れて発車して行きました
イメージ 4
昭和56(1981)年10月開業時からの駅舎
駅舎は右側の部分だけで、左側は保線詰所となっています
駅前には物産館しかなく閑散としています
窓口では占冠村の職員の方が切符を売っていたので、せっかくここまできた記念に入場券を購入
硬券でした
イメージ 5
10:05発特急スーパーとかち4号34D(キハ261-1206+キハ260-1206+キハ260-??+キハ260-1106+キロ261-1106)で新夕張
占冠駅のホームに出て列車が来るのを待っていると同じ列車を待っていた方が「一昨日、上白滝駅で降りた方ですよね?」と話しかけられました。そこから会話が弾み、列車が来るまで少しの間でしたが話しました
その方は島根から来て北海道の路線を回っておられるとのことでした
イメージ 6
1分遅れて到着した新夕張で下車
スーパーとかち4号は外国人観光客の集団で結構混んでいました
イメージ 7
昭和56(1981)年10月に現在地に移転し改称された際に改築された駅舎
夕張支線の分岐駅ですが、寂れ行く夕張市を象徴するかのようにあまり活気がありません
次の夕張行き列車の発車時刻は11:56なので1時間20分も時間に余裕があります
隣の沼ノ沢駅までは直線距離で2.4kmなので歩いていきます
イメージ 8
駅前から線路と平行に進む道を経て、夕張国道
車の通行量は多いですが、人の姿を見かけることはあまりありません
イメージ 9
夕張川にかかる石勝線の橋梁の下を潜り、さらに進むと新夕張の市街地を抜け夕張川を渡ります
イメージ 10
夕張川を渡った国道は山間に分け入り、急なカーブを曲がりさらに先へと続きます
歩道部分は雪が深く、歩きにくいことこの上ないです
 
イメージ 11
山間を抜けると沼ノ沢跨線橋で石勝線を跨ぎ、坂を下ります
イメージ 12
夕張川の支流に架かる橋を渡ると沼ノ沢の町で、建物が結構密集しており、郵便局や商店もあります
イメージ 13
11:25 沼ノ沢駅に到着
3.0kmを40分で歩きました
昭和38(1963)年に改築された駅舎は、改装されレストラン「おーやま」が入居しています
ちょうど昼食時なのでここで昼食をとることにしましょう
イメージ 14
チキンカレーを注文
アツアツで味も深くとてもおいしかったです。
イメージ 15
カレーを食べた後は列車の時間までホームで撮影
駅名標の漢字表記と隣駅表示の部分が何故か隠されていました
イメージ 16
沼ノ沢12:00発普通夕張行き2635D(キハ40-1706)に乗車し、夕張駅を目指します