まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

7/30 五能線全線開通80周年記念号

この日は青森最終日、津軽フリーパスで弘前周辺をめぐります

イメージ 1
バスで青森駅まで出て、青森7:57発普通弘前行き(クハ700-35)に乗って弘前
イメージ 2
弘前駅前で次から次へとやってくるバスを撮って時間を潰します
当初の予定ではこのまま弘南電鉄へ行く予定でしたが当日になって臨時列車があることが分かったのでそれに乗ることに
イメージ 3
弘前9:39発普通深浦行き2826Dは毎日運転される定期列車ですが、この日は臨時普通「五能線全線開通80周年記念号」として運転されました
能代から伸びてきた能代線と川部から伸びてきた五所川原線(川部-五所川原間は陸奥鉄道として開業)が深浦で結ばれて「五能線」となったのが昭和11(1936)年7月30日、訪問日(平成28年7月30日)でその全線開通から80周年を迎えました
イメージ 4
2826Dは9:13頃に撫牛子方から2番線に入線
首都圏色に塗られた気は48の2両編成で、車番は弘前方からキハ48-544+キハ48-1520
イメージ 5
イメージ 6
前後の車両でヘッドマークのデザインが異なっていました
イメージ 7
ホームでは津軽三味線の演奏が行われた他、「なまはげ」も現れました
イメージ 8
2826Dとなまはげ
弘前駅の駅員の方々にとっても今日のお祭りは特別なようで、車両をバックに記念撮影などもされていました
イメージ 9
発車後、車内では記念の乗車証明書とボールペンが乗客全員に配布されました
車内の乗車率は夏休み中の割にはそれほど高くなく、ボックス席を占領することができました
イメージ 10
9:48 川部着
7分間停車なので外に出て駅舎を撮影
明治27年4月開業時のものとされる天井の高い大きな駅舎ですが、リニューアルによりデザインは原型とは変わっているようです
イメージ 11
川部を発車した列車は五能線へと入り、りんご畑の中を走ります
イメージ 12
10:25着の五所川原で下車
イメージ 13
ホームでは五所川原市の公式キャラクター「ごしょりん」(奥)と津軽鉄道の公式キャラクター「つてっちー」(手前)がお出迎え
こちらでも津軽三味線の演奏が行われていました
五所川原では次の弘前行きまでの1時間9分の滞在です