まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

1/2 えちぜん鉄道福井周辺駅めぐり

本荘13:54発普通福井行き1338M(7003)で福井口
イメージ 1
福井口14:29発普通勝山行き1425K(MC7004)に乗り換えて越前開発へ
かつてはこの駅まで複線でしたが、福井~福井口間高架化工事のため単線化されています。ホームも島式1面2線の片側を剥がして使用しています
イメージ 2
自転車置き場の奥にある木造駅舎
おそらく昭和7年開業時のもので、内部は奥行きが広いです
イメージ 3
越前開発14:37発普通福井行き1348K(MC6112)で福井口
平成26年7月以来の再訪です
かつては3面4線の広い構内を有し、二つの路線の接続駅として相応しい大きな駅でしたが、高架化工事のため平成27年9月27日から仮駅での営業になっています
イメージ 4
かつての線路は剥がされていますが、踏切部分のみそのまま残されています
建設中の高架は手前がえちぜん鉄道、奥が北陸新幹線のものです
イメージ 5
福井口駅から10分歩いて京福バス本社へ
えちぜん鉄道京福電鉄だった頃は同じ系列でした
撮影許可をもらい停まっていたバスを撮影
撮影許可を頂きありがとうございました
イメージ 6
福井口駅へ戻り、15:28発普通福井行き1438M(MC6108)で新福井へ
平成27年9月27日より、平成21年に完成した北陸新幹線の高架に乗り入れて営業しています
イメージ 7
現在駅東側ではえちぜん鉄道の高架の建設が行われています
この高架が完成したのちにはえちぜん鉄道の電車はこちらを走ることになります
半世紀前には阪急京都線も水無瀬付近で同じように新幹線の高架に乗り入れていましたが、こちらは鉄道トリビアとしてよく知られています
新幹線と同じ標準軌で編成も長い阪急京都線ならともかく、狭軌で単行か2両のえちぜん鉄道の車両が新幹線の高架に乗り入れるなんて果たして誰が予想できたでしょうか
イメージ 8
新福井15:41発普通福井行き1448K(MC6104)で福井へ
福井も新福井同様に北陸新幹線の高架に乗り入れてでの営業です
イメージ 9
福井駅2番線の車止め
えちぜん鉄道の高架が完成するまでの暫定措置ということでつくりも簡素です
イメージ 11
高架下の駅舎
仮駅舎ながらもえちぜん鉄道最大の駅だけあって内部も広めです
工事中であちこち柵で覆われていたのでもっと引いての外観は撮れませんでした
イメージ 10
えちぜん鉄道が乗り入れる前の北陸新幹線高架(平成26年7月24日)
地上時代のえちぜん鉄道福井駅はこの右側にありました

福井からはJRに乗車します