まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

4/7 春の北近畿へ その2

イメージ 1
福知山11:07発普通篠山口行き2532M(クモハ223-5505)で石生へ
丹波市氷上町にある駅で、写真の西口は半橋上駅舎とでも言った方がいいような構造です
イメージ 2
建物財産表によれば昭和17年2月改築の木造駅舎が残る東口
綺麗に整備された西口とは違い、昔ながらの駅前といった雰囲気が漂っています
イメージ 3
跨線橋は昭和30年3月30日竣工の木造の古いもので、比較的昔の姿を留めています
イメージ 4
石生12:00発普通福知山行き2539M(クハ222-5508)で黒井へ
イメージ 5
昭和31年5月改築の鉄筋コンクリート造平屋建て駅舎
民営化以降外観には大きく手が加えられていないようで、壁面のタイルがいい味を出しています
イメージ 6
改札から見た1番ホームの桜
イメージ 7
ちょうど見ごろを迎えていた1番ホームの桜
イメージ 8
訪問時、2番ホーム脇の側線にはレール運搬車(チキ6385+チキ6272)が留置されていました
イメージ 9
通過する特急こうのとり7号3007M(289系J4編成)
右側の12:30発普通篠山口行き2534M(クハ222-5516)で柏原へ
イメージ 10
昨年8月27日以来8か月ぶりの再訪です
駅舎は前回既に見ているので、今回は前回見切れなかった駅前を探索
イメージ 11
駅西側にある昭和57年7月28日付の「皇太子殿下・妃殿下行啓記念碑」
現在の天皇皇后両陛下も35年前にこの地を訪問なさっていたようです
イメージ 12
駅東側に立つ田艇吉(1852~1938)像
当地出身の衆議院議員で、福知山線の前身である阪鶴鉄道の建設などに尽力したそうです
イメージ 13
田翁像を撮影し改札へと戻る途中、駅前の国道176号線を行く阪急バスを目撃
明らかに阪急バスの運行エリア外ですが、果たしてどこからやってきてどこへ向かうのでしょうか
イメージ 14
黒井には劣りますが、柏原駅2番ホームの桜も見ごろを迎えていました
やはり日本の春はいいものです
イメージ 15
柏原12:56発普通福知山行き2541M(クハ222-5505)で福知山
石生で特急の通過待ちを行い、福知山には13:31着
イメージ 16
京都丹後鉄道ホームには113系S2編成が停車中
この日の宮津まで乗り入れる運用はこの編成だったようです

この後は福知山の市街地へ繰り出します