まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

8/22 夏の北海道遠征 九日目 鉄研合宿二日目

イメージ 1

鉄研合宿二日目は苗穂工場の見学へ

ホテルで同室だった二人とともに札幌8:36発普通岩見沢行き139M(クハ731-219)で苗穂へ
苗穂駅に着いたのは工場正門前での集合時刻の10分前
走ってギリギリ間に合いました
イメージ 2
正門から入って北海道鉄道技術館へ向かう途中にはスラントノーズのキハ183-214が置かれていました
イメージ 3
まずは北海道鉄道技術館の中を見学
キハ82やアルファコンチネンタルエクスプレスのカットボディなどが置かれています
イメージ 4
車庫見学ではキハ261の中間運転台を見ることができて大満足でした
イメージ 5
詳しい建築年代や用途は分りませんが、工場内には古い建物が多かったので結構撮りまくっていました
イメージ 6
車庫見学の後は再び鉄道技術館へ
技術館横にはDMVが展示されています
北海道では結局雪の問題や資金難もあって頓挫してしまいましたが、阿佐海岸鉄道で実現されることになるようで今後が楽しみです
イメージ 7
その近くではキハ182-45が解体中
某大学鉄研からの参加者はこれを背景に記念撮影していました
イメージ 8
見学終了後は乗車する団臨の時間まで苗穂駅で40分ほど待機
昭和10年に建てられた木造駅舎も11月17日の橋上化が予定されているので今回が撮り納めとなります
イメージ 9
苗穂を13:27に発車した団臨東室蘭に15:30着
折り返しまで20分ほど停車時間があるので学年ごとの記念撮影などが行われました
イメージ 10
団臨東室蘭を15:50に発車し、終点となる登別には16:04着
バスで宿泊先のホテルへと移動し、夕食後に解散となりました。解散後なので翌朝のチェックアウトは自由です
2日間の合宿はあっという間に終わってしまいました
合宿中の記事がやけに薄っぺらい気がしますが、これは合宿中の出来事について書いても内輪ネタになってしまうので書かなかったからという理由が大きいです