まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

11/18 廃止12日前の関電トンネルトロリーバス

イメージ 1

この日は日の出前の6時に起床

明るくなるのを待ってから扇沢駅
イメージ 2
前日は扇沢駅の背後にも霧がかかっていましたが、今日は晴れで後立山連峰の雄姿を拝むことができました
イメージ 3
登山道側に回って扇沢駅構内を撮影
始発列車まではまだ時間があるので一旦扇沢駅の待合室に戻って暖を取ります
イメージ 4
8:30発の一番列車(304、306、302)を撮影 写真は304
イメージ 5
9:30発の3番列車に乗車
発車の7分前に改札が開くまでは列に並んで待つことになるのですが、お土産を売る駅員さんの話術で退屈することはありませんでした。名物駅員さんだそうで、テレビでも取り上げられているそうです
イメージ 6
改札が開き、いよいよ乗車
編成は前から307、304、302で、とりあえず307の一番前の席に陣取ってかぶりつきを実行
イメージ 7
トンネル内で対向列車とすれ違い、黒部ダムには9:43着
トンネル内の起伏に富んだ道を行く様子はどこか現実離れしていて遊園地の乗り物のような感じもします
イメージ 8
せっかくここまで来たのだからと駅を出てすぐの展望台から黒部ダムを眺めます
オフシーズンだけあって人もそこまで多くなく、落ち着いて眺めることができました
イメージ 9
有名観光地だし、また来る機会はあるだろうということで観光はさっさと切り上げて10:35発の列車で扇沢へと戻ります
イメージ 10
編成は306、301、313で、せっかくならとトップナンバーの301に乗車
行きより空いていたので内装も撮ることができました
イメージ 11
扇沢には10:46着
黒部ダムでもっとゆっくりしたかった気もしますが、明るい場所でトロリーバスを撮るとなると扇沢以外ではできないので仕方ありません
イメージ 12
ホーム上でしばらく撮影してから1番列車を撮った駅裏の撮影地へ
数人の撮影者が見守る中ニホンザルが続々と線路を渡って移動していきます
イメージ 13
サルの行列が途切れたところで12:15着の列車(313、308)が黒部ダムから到着
イメージ 14
列車が行ってしまうと線路上は再び猿の楽園に
いつのまにか縄張り争いも行われていたようで、鳴き声を出して威嚇をする猿もいました
この様子には他の撮影者も驚いており、「猿山みたいだ」との感想を漏らしている方もいました
イメージ 15
架線を渡ろうとして落ちそうになっている猿もいましたが、何とか落ちずに渡り切っていました
イメージ 16
12:30発の黒部ダム行き列車(309、307、304、306)がやってきましたが猿は相変わらず線路を渡り続けます(写真は309)
トロリーバスはクラクションを鳴らすこともなく徐行して猿が渡るのを待ちながら進んでいきました
この列車が行ってしまうと撮影者が続々と引き上げはじめました
さすがに猿だらけの中一人で撮る勇気もないし、いい時間になったので自分も引き上げて帰途に就きました