まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

12/12~13 深夜バス「スサノオ号」で松江へ

12月13日および14日は島根県内の山陰本線を中心に駅めぐりをしてきました。松江までの往復は中国JRバス一畑バス共同運行の深夜高速バス「スサノオ号」を利用しました

 
イメージ 1
12日の夜、早稲田を18:35発各停東葉勝田台行きA1885S(05039)で出発し、日本橋へ 日本橋駅から歩いて東京駅日本橋口のバス乗り場へ
今夜乗るスサノオ1号は19:10発の松江駅出雲大社行きです
イメージ 2
19:00 スサノオ1号が9番のりばに入線
この日充当されたのは一畑バスの8362 ナンバーは「島根200か371」
いすゞガーラSHD2008年式です 車内は3列シートでトイレ付き
東京駅から乗車したのは自分以外にはおばさんとおじいさんがそれぞれ一人だけでした 次のバス停渋谷マークシティからもっと乗ってくるのかと思いきやそれほど多くなく、後ろの座席が結局埋まらなかったのでリクライニングし放題でした
イメージ 3
足柄SAで15分ほどトイレ休憩
幸いにも隣に停車車両がいないので四方から写真に収めます
足柄SA発車後(21:30頃)に消灯。気づいたら寝ていたので何時ごろに寝たのか記憶にありません
イメージ 4
明朝6:24 松江駅に到着
東京駅から11時間14分の旅でしたが、リクライニングをフルで倒せたこともあって思ってたほどキツくはなかったなという印象です。大阪~東京と違って睡眠時間が十分に確保できるということも関係しているのでしょう
この手の長距離夜行バスって多くの場合、終点到着が遅すぎて始発列車に乗り継げなかったりするものですがスサノオ号の場合、松江で始発の普通列車に余裕をもって乗り継ぐことができます 特急の始発には乗り継げないものの駅めぐりに特急を使うことはほとんどないので自分にとってはこれでも十分です