まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

最近買った本

特にネタがないので、最近買った本のことでも書きましょうか。
イメージ 1
寝台特急 あかつき殺人事件」西村京太郎
舞台は大阪と佐賀。今は亡き寝台特急あかつきがメインです。
 
「最果てのブルートレイン 急行天北殺人事件」西村京太郎
天北線を走っていたブルートレイン天北の車内で事件が起きます。他に餘部鉄橋飯田線の話も収録されています。
 
「青函特急殺人ルート」西村京太郎
青函トンネル内にある吉岡海底駅で事件が発生。今では乗降ができない駅ですが、当時は快速海峡が停車していました。
 
「夜行快速(ムーンライト)えちご殺人事件」西村京太郎
18キッパーに人気のムーンライトえちごがメイン。当時は定期列車でした。
 
「殺人はサヨナラ列車で」西村京太郎
廃止された白糠線の終着駅北進駅で事件が発生します。珍しく十津川警部が出てこない話です。
 
「北帰行殺人事件」西村京太郎
警視庁を退職した橋本刑事の稚内への帰郷に合わせるかのように寝台特急ゆうづる青函連絡船で事件が起きます。
 
「のと恋路号殺意の旅」西村京太郎
今は亡きのと鉄道の恋路号がメイン。恋路駅は現在廃駅になっているそうです。
 
「極楽行最終列車」西村京太郎
短編集。急行妙高を舞台とした表題作のほかに寝台特急あけぼのが舞台の「死への旅 奥羽本線」などが収録されています。
 
「寝台急行天の川殺人事件」西村京太郎
廃止された寝台急行天の川の乗車記を書いたライターが殺害される事件が発生します。あの「天ノ川駅」とは関係ありません。
イメージ 2
「宗谷本線殺人事件」西村京太郎
急行「利尻」「礼文」二つの列車で事件が起きます。
 
「哀しみの北廃止線」西村京太郎
縁起切符で有名な幸福駅がメイン。当時広尾線はすでに廃止されているので、このような題名になっています。
 
オリエント急行を追え」西村京太郎
十津川警部シリーズでは珍しく海外が舞台です。
 
雷鳥九号(サスペンス・トレイン)殺人事件」西村京太郎
2011年に惜しまれつつ引退した特急雷鳥がメイン。かなり昔の作品です。
 
「高原鉄道殺人事件」西村京太郎
十津川警部の相棒の亀井刑事の姪が小海線の駅で射殺されます。これもかなり昔の作品です。
 
「殺人列車への招待」西村京太郎
十津川警部に「殺人ゲームがしたい」と謎の電話が入り、寝台特急さくらの車内で「ア」で始まる名前の女性が殺されます。十津川警部たちは窮地に追い込まれます。
 
寝台特急紀伊殺人事件」西村京太郎
東京と紀伊勝浦を結んでいた寝台特急紀伊がメイン。
 
「海を渡った愛と殺意」西村京太郎
十津川警部が故山村美紗さんの作品に出てくる名探偵キャサリンと台湾で夢の共演を果たします。