まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

JR北海道

【北海道ドライブ旅】9/18 夕張鉄道線の駅跡(新二岐駅・継立駅)を見た後、ご当地入場券を求めて道央を往く

6日間に渡る北海道ドライブ旅もこの日がついに最終日。夕張鉄道の駅跡を見つつ石狩平野に入り、その後は時間の許す限りご当地入場券を求めて平野内を走り回ります。 6:58にホテルを出発、意外と交通量の多い道道3号線で峠を越えて夕張郡栗山町へと向かってい…

【北海道ドライブ旅】9/17 石勝線夕張支線廃線跡巡り

沼ノ沢駅 駅舎 16:09 新夕張紅葉山のGSで給油をしてから沼ノ沢駅跡へ。ここからは今年の4月に廃止された石勝線夕張支線の駅を巡っていきます。 旧事務室部分に「レストランおーやま」が入居する駅舎は現役時代と変わりありませんが、施錠されて入れないよう…

【北海道ドライブ旅】9/17 新得・南富良野経由で占冠へ(旧新内駅・落合駅・幾寅駅・占冠駅)

いかにも北海道らしい光景 上士幌からは国道274号線、道道593号屈足鹿追線、道道718号忠別清水線で河東郡鹿追町瓜幕を抜けて上川郡新得町へと向かいました。ちょうど北海道拓殖鉄道の廃線跡の近くを通る感じですが、下調べしていないので、拓殖鉄道の廃線跡…

【北海道ドライブ旅】9/16 ご当地入場券を求めて十勝をドライブ&広尾線愛国・大正・幸福駅へ

池田からは根室本線のご当地入場券を集めるべく、幕別、帯広、十勝清水、新得と東へ進んでいきました。 11:59 セイコーマート幕別本町店へ。この日は朝から小雨が降っていましたが、ここに来てバケツをひっくり返したような大雨に。こんなに天気が荒れるのな…

【北海道ドライブ旅】9/15 石北本線 上越信号場・中越信号場へ

上越信号場への道 浮島峠を越えて上川郡上川町に入り、渚滑国道273号線から国道333号線へ。 333号線を白滝方面へしばらく走ると、上越信号場への道の入口が見えてきました。 上越が信号場になったのは昭和50年ですから、駅だったのは45年以上前のはずですが…

【北海道ドライブ旅】9/15 名寄本線廃線跡めぐり(キマロキ・中名寄・下川・上興部・中興部・北興・富丘)

天塩弥生で迎えた朝 この日は6時に起床。外を見ると山に霧がかかっていい感じになっていました。 ボリュームたっぷりの朝食をいただいてから、後ろ髪を引かれつつ出発。 お会いした皆さん、本当にありがとうございました。またどこかで会えたらいいな 名寄駅…

【北海道ドライブ旅】9/14 深名線廃線跡巡り 

深川からは深名線の廃線跡を巡っていきます。深名線には両端を除き26もの駅がありますが、時間がたっぷりあるわけではないので全駅は行きません。今回は駅舎が残っているところを中心に訪問しました。 幌成駅 駅舎 13:02 深川から5駅目の幌成駅の駅跡ではな…

【北海道ドライブ旅】9/14 留萌本線(現役区間)全駅めぐり 後編

恵比島駅 10:21 留萌市から雨竜郡沼田町に入り、恵比島駅へ。駅舎は年季を感じさせる渋い木造駅舎・・・ではなく、右の変な形の小屋です。左はNHKの連続テレビ小説「すずらん」のロケセットとして建てられた「明日萌驛」で、平成10年建設。築21年なのに、本…

【北海道ドライブ旅】9/14 留萌本線(現役区間)全駅めぐり 前編

北海道ドライブ旅二日目は、留萌から深川を経て天塩弥生(名寄市)まで、留萌本線の各駅と深名線の廃線跡を巡りながら向かいます。 留萌駅 駅舎 6:45にホテルを出発し、まずは留萌駅へ。ここで途中参加のとこがねさんと合流、2日後の帯広までは3人での旅とな…

【北海道ドライブ旅】9/13 留萌本線(留萌~増毛)廃線跡巡り

雨竜郡北竜町和から、道道94号増毛稲田線を通って増毛郡増毛町に抜け、留萌本線信砂駅跡へ。ここからは、平成28年12月5日に廃止された留萌本線末端区間の廃線跡を巡っていきます。 信砂駅跡 16:36 信砂駅跡に到着。廃止当時は写真の右手に板張りホームとプレ…

【北海道ドライブ旅】9/13 札沼線廃止予定区間全駅めぐり 後編

鶴沼駅 13:21 鶴沼駅へ。田園地帯の中にある小さな駅で、駅名の由来は付近の沼にタンチョウが飛来したことによるものだそうです。 鶴沼駅 ホーム ホームはコンクリ板の簡素なもので、開業から60年以上を経て老朽化が進んだためか補修跡でつぎはぎのようにな…

【北海道ドライブ旅】9/13 札沼線廃止予定区間全駅めぐり 中編

豊ヶ岡駅 待合室 11:15 森の中の未舗装道を抜け、札沼線屈指の秘境駅、豊ヶ岡駅へ。 周囲に人家も見えない森の中に、木造待合室と傾いたホームだけの駅が存在しています。有名な秘境駅というのは、往々にして実際に行ってみると思ったほど秘境感が無かったり…

【北海道ドライブ旅】9/13 札沼線廃止予定区間全駅めぐり 前編

8:16 新千歳空港近くのレンタカー営業所を出発。まずは、道道258号線、国道36号線、道道337号線、道道226号線、道道45号線、再び道道337号線、道道45号線、道道1009号線、道道337号線、道道887号線、道道275号線を通り、札沼線石狩金沢駅を目指します。 走り…

8/4 室蘭本線駅めぐり その3 秘境駅小幌へ

夜明けの静狩駅 眠れぬ辛い夜が明け、4時ごろようやく空が明るくなってきました。結局一時間くらいしか眠れていないのではないでしょうか。これほど朝が待ち遠しかったのは人生で初めてです。 静狩駅の駅舎は昭和15年4月に改築された古い木造駅舎で、平成14…

8/3 シルバーフェリーで苫小牧へ&室蘭本線駅めぐり その1

シルバーフェリー(シルバーエイト) 前夜22時に八戸港を出港したシルバーフェリー(シルバーエイト)は、5:55頃、苫小牧港フェリーターミナルに到着。青函フェリーや津軽海峡フェリーと違って、大浴場があるのは良かったのですが、コンセントの数が少ないの…

8/23 夏の北海道遠征 十日目 室蘭本線駅めぐり

合宿解散の翌朝はホテルを8時に出発して、登別温泉バスターミナル8:10発のバスで登別駅へ 登別駅には8:25着 昭和9年に改築された天井の高い木造駅舎はいかにも観光地の玄関口といった雰囲気です。市名を名乗ってはいますが、登別市の中心は幌別駅周辺にあり…

8/22 夏の北海道遠征 九日目 鉄研合宿二日目

鉄研合宿二日目は苗穂工場の見学へ ホテルで同室だった二人とともに札幌8:36発普通岩見沢行き139M(クハ731-219)で苗穂へ 苗穂駅に着いたのは工場正門前での集合時刻の10分前 走ってギリギリ間に合いました 正門から入って北海道鉄道技術館へ向かう途中には…

8/21 夏の北海道遠征 八日目 鉄研合宿一日目(団臨で新十津川へ)

鉄研合宿初日となるこの日は5時に起床。まだ始発列車まで時間があるので早朝の人のいない札幌駅を撮りまくります 札幌駅の始発列車の時間は遅く、6時にならないとどの路線も動き出しません 札沼線の始発は6:21発普通石狩当別行き531M(クハ733-105) 合宿の…

8/20 夏の北海道遠征 七日目 根室本線駅めぐり+清水沢駅訪問

七日目の朝も日の出前の4:30に起床 徐々に明るくなっていく空の色が美しいです 水平線から上る朝日とそれを受けて輝く尺別の駅舎 2番ホーム上の上屋も朝日を受けて赤く染まっています 尺別の駅舎は片流れ屋根の木造駅舎で、デザインから見るとおそらく昭和20…

8/19 夏の北海道遠征 六日目 根室本線(花咲線)駅めぐり

6日目の朝は4時半前に起床 ちょうど日の出直前で幻想的な光景を見ることができました 西和田の駅舎は、北海道でよく見られるタイプの車掌車を転用したいわゆる「ダルマ駅舎」で外壁は綺麗に塗り直されています 隣の花咲駅もダルマ駅でしたが、平成28年3月に…

8/18 夏の北海道遠征 五日目 根室本線・釧網本線駅めぐり

5日目の朝は5時にネットカフェをチェックアウトし、20分ほど歩いて東釧路駅へ 昨夜は真っ暗で全貌がよく分かりませんでしたが、随分と大きな駅舎です 周辺は住宅街でそれほど寂しいところではありませんが、駅自体はスーパーマッケートの裏の路地に面して隠…

8/17 夏の北海道遠征 四日目 石北本線駅めぐり

4日目となる8月17日の朝は5時半に起床 寝床としたベンチ自体は安足間と大して変わらない4連ベンチだったのですが、座布団が敷かれていなかったのでこちらの方が寝にくかったように思います 駅自体の構造は新旭川~上川間の途中駅でよく見られる跨線橋付きの…

8/16 夏の北海道遠征 三日目 石北本線駅めぐり

安足間で迎えた3日目の朝は5時に起床 明るくなってみると結構人家があることが分かります 安足間の駅舎は昭和63年に改築されたもので、ドアは自動で閉まる油圧式なので室内には虫が少なく快適でした 5時半頃、待合室内で荷物の片づけをしてると地元のおばち…

8/15 夏の北海道遠征 二日目 フェリーで渡道し普通列車だけで安足間へ

14日青森FT23:30発の青函フェリー15便はやぶさで北海道へと渡ります 函館FTに着いたのは3:20頃だったのでFTの待合室で仮眠を取ったのですが2年前に使った津軽海峡フェリーのターミナルの方が寝やすさでは上でしたね まあ料金で言うと青函フェリーの方が圧倒…

8/1 函館本線秘境駅+αめぐり その7

桔梗16:26発普通七飯行き1875D(キハ40-835+キハ40-802)で大中山へ 戦後に開業した駅で函館郊外の住宅街の中にあります 駅舎は平成25年12月に使用開始された木をふんだんに使ったもので、改築から3年を経ているものの室内の新築並みにきれいでした 無人駅で…

8/1 函館本線秘境駅+αめぐり その6

12:25 4832Dは新函館北斗に到着 当初の予定では次の七飯で下車し4835Dを待つ予定でしたが、駅の放送で4832Dの発車が遅れることを知り「七飯でだと4835Dまでの時間があまりないかもしれないので一駅前の新函館北斗で降りて待とう」と考え下車 新幹線も停まる…

8/1 函館本線秘境駅+αめぐり その5

9:29 姫川着 私以外に2人が下車しました この駅も北豊津や東山と同じく来年3月での廃止が予定されています 分割民営化時に信号場から昇格した駅で、信号場時代の詰所を再利用した小さな待合室が駅構内を見下ろすように建っています 駅から見えるところに人家…

8/1 函館本線秘境駅+αめぐり その4

函館2日目、この日も函館本線で駅をめぐります 5時に起床し、ホテルから徒歩で函館駅へ 初発の函館5:51発普通森行き5881D(キハ40-835+キハ40-836+キハ40-808)に乗車 昨日と違い3両も連結していますが、昨日より乗車率が高いということでもなさそうです 大…

7/31 函館本線秘境駅+αめぐり その3

長万部13:16発普通倶知安行き2943D(キハ150-11)で蕨岱へ 一日の利用客は0人(2013)年で、来年3月の廃止が予定されています 駅舎は廃車になったヨ3500形車掌車を再利用しています 室内は貨車駅としてはかなり綺麗な方で、虫もこの季節にしてはそれほど湧い…

7/31 函館本線秘境駅+αめぐり その2

森から引き続き普通長万部行き821D(キハ40-802)に乗車し、11:03着の北豊津で下車 分割民営化時に信号場から昇格された駅で、3月改正での廃止が予定されています 私以外に一人が下車 その方の邪魔にならないように駅構内を撮影 対向式2面2線の交換駅で、線…