まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

【悲報】メトロ7121F 踏切事故で火災 6人死亡

イメージ 1
昨日12月9日午前10時50分ごろ、インドネシアの首都ジャカルタのKCJジャボタベックSerpong線PondokRanji~Kebayoran間の踏み切りで、Serpong発TanahAbang行き1131列車が踏み切りを渡りきらずに、停車していた国営石油会社Pertaminaのタンクローリーに衝突しました。
この事故により運転手・乗客6人が亡くなりました。
羅災したのは東京メトロより譲渡された7121Fで、衝突の衝撃で横転し大破しました。
詳しくは
をご覧ください。
 
この事故について思うのはなぜ国営石油会社のトラックのアホ運転手は踏切内で立ち往生していたのか、ということです。
6名の尊い命が失われているわけですから、許すことができません。
死刑にしてやってもいいぐらいだと思います。
これで思い出したのが、「あの」山陽の事故です。
あの事故も衝突した相手がタンクローリーだったら・・・と考えるだけで恐ろしいです。
この事故も相手が何も搭載していないトラックなら被害は少なく済んだことでしょう。6名もの方が亡くなることも無かったでしょう。
 
7121Fもこんな形で一生を終えるとは・・・
 
亡くなられた6名の方のご冥福をお祈りします。