まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

5/12 東急池上線駅めぐり

蒲田からは池上線の駅を巡っていきます

イメージ 1
蒲田11:29発五反田行き010112(7109)で蓮沼へ
かつては蓮の多い湿地帯だったことに由来する駅名で、下りホーム側の駅舎が2階建てなのが特徴です
イメージ 2
蓮沼11:37発五反田行き001112(1319)で池上へ
池上本門寺の最寄り駅で、線内の駅には珍しく改札口は下りホーム側にのみあります
駅舎改築工事のため平成30年3月6日より仮駅舎になっています
イメージ 3
池上11:45発五反田行き002112(7112)で千鳥町へ
開業時は「慶大グラウンド前」を名乗る臨時駅でしたが、ほどなく常設駅となり、昭和11年に現駅名に改称されました
イメージ 4
千鳥町11:53発五反田行き003112(1505)で久が原へ
上り方面ホーム側駅舎は古さをよく留めた木造駅舎ですが、目の前をATMの建屋で塞がれてしまっているのが残念です
イメージ 5
久が原12:00発五反田行き004112(7102)で御嶽山
木曽御嶽山にある御嶽神社の支社最寄り駅で、御嶽信仰盛んなりし頃には宿場町もあったそうです
イメージ 6
御嶽山12:08発005112(7115)で雪が谷大塚へ
車両基地の併設されている運行拠点駅で、ラッシュ時間帯を中心に折り返し列車が設定されています。線内の駅では珍しくホームは島式で、橋上駅舎があります
イメージ 7
雪が谷大塚12:16発五反田行き006122(1017)で石川台へ
駅周辺は坂の多い地形で、ドラマ等のロケに多く使われることで知られています
以前訪問した時は下りホーム側の駅舎しか撮っていなかったので再訪しました
イメージ 8
石川台12:23発五反田行き007122(7108)で洗足池へ
相対式ホームの高架駅で、昭和9年に改築された木造駅舎が残っています
戦前の高架駅らしい雰囲気を留めていて、歴史が感じられます
イメージ 9
洗足池12:31発五反田行き008122(7105)で長原へ
昭和48年11月に地下化された駅で、改札口は地上にあり、駅舎内には商業施設が入居しています
イメージ 10
長原12:38発五反田行き009122(1507)で終点の五反田へ
山手線より高い4階の高さにある島式1面2線の高架駅で、JRとの乗換改札も設置されています。ターミナル駅としての規模では蒲田よりはるかに小さいです
イメージ 11
五反田12:54発蒲田行き009121(1307)で大崎広小路
五反田からわずか340mしか離れていない島式1面2線の高架駅で、駅名はすぐ近くの通りに由来します
イメージ 12
大崎広小路13:01発蒲田行き010131(7309)で戸越銀座へ
戸越銀座商店街の最寄り駅で、平成28年11月にリニューアルが完成しました
駅舎はこのリニューアルでグッドデザイン賞などを受賞しています
駅周辺は観光地らしい雰囲気でした
イメージ 13
戸越銀座13:09発蒲田行き001131(1219)で荏原中延
平成元年に連続立体交差事業で地下化されました。地上にある駅舎はなかなか洒落たデザインです
イメージ 14
荏原中延13:17発蒲田行き002131(7112)で旗の台へ
大井町線と立体交差する乗換駅で、池上線ホームは相対式、高架の大井町線ホームは島式2面4線となっています。訪問時はリニューアル工事中で、旧来の木造上屋の上に背の高い新しい木造上屋がほとんど完成していました
 
旗の台からはちょっとだけ大井町線の駅に降りてから東横線に向かいます