まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

3/21 南海本線系統駅めぐり その1

この日は南海本線高師浜線空港線関西空港線汐見橋線和歌山港線加太線で駅めぐりをしました

宝塚8:06発普通西宮北口行き42(3078)で出発し、西宮北口8:26発特急梅田行き66(7007)、梅田8:43発普通なかもず行き83(21317)、難波9:03発普通和歌山市行き6817(1005)を乗り継いで住吉大社
イメージ 1
島式ホーム2面4線の高架駅で、名前の通り住吉大社の最寄り駅です
イメージ 2
南海本線の高架に隣接して、1月末に廃止された住吉公園駅の駅舎が残っています
廃止されてから2カ月経ちますが、解体工事はあまり進んでいないようです
イメージ 3
住吉大社9:26発普通和歌山市行き(9514)と堺9:35発区間急行和歌山市行き3811(7954)を乗り継いで羽衣へ
羽衣9:59発普通高師浜行き5231(2251)で終点の高師浜
イメージ 4
大正8年開業時からの木造駅舎が残されています
昭和45年に駅が高架化された際に解体される予定でしたが、地元の熱意によりそのまま残されて使用されています
イメージ 5
最長で4両編成の列車が停車可能な立派な高架ホームは、島式1面2線の構造にすることを見越して造られていますが、片側しか使用されておらず、2両編成の列車が日中は1時間に3本程度しか発着しないため、少々持て余し気味の印象を受けます
イメージ 6
高師浜10:09発普通羽衣行き5232(2201)で伽羅橋へ
単式ホームの高架駅で、住宅密集地の中にあるものの無人駅で、利用客はあまり多くないようです
列車の本数があまり多くないので、羽衣駅まで歩きます
イメージ 7
徒歩9分程歩き、羽衣駅へ
平成33年完成を目指して高架化工事中で、駅舎は仮駅舎になっています
写真は西口
イメージ 8
建設中の高架下に設けられた東口
JR東羽衣駅へはこちらの方が近いです
イメージ 9
羽衣10:25発空港急行関西空港行き2125(3513)でりんくうタウン
JRと南海の共同使用駅で、改札とコンコースは共用されています
南海とJR両方の駅を合わせて制覇するべく、360円を払ってJRの列車で関西空港に向かいます
イメージ 10
りんくうタウン11:04発4129M(クモハ224-5016)で関西空港
りんくうタウンとは違い、改札とコンコースはJRと南海で分離されており、行き来することはできません
イメージ 11
天井の高い2階コンコース
関西空港へはペデストリアンデッキで直結しています
イメージ 12
関西空港11:26発空港急行難波行き2134(1509)で泉佐野
南海本線空港線の分岐駅でホームは変則的な島式3面4線です
ここから南海本線和歌山市に向かって一駅ずつ降りて行きます