まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

4/3 湖西線・北陸本線の駅を巡りながら福井へ その1

この日は青春18きっぷで福井方面へ

イメージ 1
宝塚を5:15発普通吹田行き1100C(クモハ321-27)で出発し、大阪へ
イメージ 2
大阪5:46発快速長浜行き700M(クモハ223-3004)に乗り換えて京都へ
イメージ 3
京都で6:31発普通近江今津行き1804M(クハ117-306)に乗り換えて小野で下車
3年前の1月5日以来の再訪です
イメージ 4
昭和63年12月に開業した駅で、湖西線では珍しく高架駅ではありません
京阪電鉄が開発した新興住宅地へのアクセス駅として開業したことから、駅設置費用は京阪が出したそうです
イメージ 6
2番ホームの背後には琵琶湖の景色が広がりますが、訪問時はあいにく逆光でした
イメージ 5
前回来た時には押せなかったスタンプを押して、小野7:18発普通近江舞子行き2802M(クハ111-7757)に乗車
予定では蓬莱で降りるはずでしたが、乗車列車前寄りに連結されている忍ラッピング列車を撮るために終点の近江舞子まで乗車
イメージ 7
近江舞子にて、反対側のホームから発車を待つ折り返し普通京都行き2811Mを撮影
L9+L6の8連で、L6編成は車体に忍者が描かれた「SHINOBI-TRAIN」です
イメージ 8
近江舞子7:42発普通近江今津行き1806M(モハ116-102)で終点の近江今津
8:13発普通福井行き4843M(クモハ521-1)に乗り換えて一駅先の近江中庄で下車
イメージ 9
築堤上にホームがある無人駅で、小さな駅舎の前にはロータリーが整備されています
駅前には「国境」と行先を表示したミニバスが停車していましたが、乗客はいないようです
イメージ 10
駅近くで築堤上を行く貨物列車を撮影
イメージ 11
近江中庄8:37発普通永原行き1808M(サハ223-2006)で2駅進み永原へ
イメージ 12
平成12年に改築されたログハウス風の合築駅舎が建っている駅で、かつては直流と交流の境界駅だった都合で、この駅で大半の列車が折り返していました
イメージ 13
折り返し永原8:54発新快速姫路行き3433M(クハ222-2002)でマキノへ
合併で高島市となった旧マキノ町の駅で、カタカナ駅名なのが注意を引きます
今でこそカタカナ駅名はそれほど珍しくなくなりましたが、この駅が開業した昭和49年当時国鉄にあったカタカナ駅名は「ニセコ」だけでした
イメージ 14
駅周辺は「売却予定地」の看板が立つ空き地が目立ちますが、そのうちの一つには湖国バスの車両が2台停められていました
イメージ 15
マキノを9:27発新快速敦賀行き3890M(クハ222-2019)で後にしました
これで湖西線全駅訪問をようやく達成
結局最初に小野・和邇・蓬莱の3駅に降りてから3年3か月の月日が経っていました