まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

4/30 GW九州遠征 平成最後の日に平成駅へ

イメージ 1

直方からは、13:45発快速博多行き4643H(クハ813-228)で博多へ

博多からは15:02発区間快速久留米行き1229M(クハ810-8)で南下します。
熊本方面へは、久留米でも乗り換えれるのですが、始発駅から乗って座りたいので鳥栖で下車
イメージ 2
鹿児島本線長崎本線の分岐する交通の要衝で、明治36年7月に改築された重厚な木造駅舎が残っています。現在、駅周辺の再開発について計画中だそうで、この駅舎も行く末も気にかかりますが、費用がかかりすぎることから橋上化が発表から一週間も経たずに白紙撤回されるなど、なかなか決まらないようです
イメージ 3
鳥栖15:55発区間快速八代行き4333M(クハ816-1006)で熊本へ
20年生きてきた中で熊本県を訪れるのは何気に初めてです
写真の白川口の駅舎は、今年3月に完成したばかりの新しいもので、熊本城の武者返しをイメージしたデザインだそうです
イメージ 8
熊本17:44発普通肥後大津行き1487M(クハ814-9)で平成へ
平成4年に開業した駅で、熊本市郊外の住宅街の中にあります。この日は平成最後の日ということで、老若男女問わず多くの人が訪れていました
イメージ 7
ホームから駅前にかけては、入場券とスタンプを求めて長蛇の列ができる始末で、とても普段は静かな駅とは思えないほどの混雑ぶりでした
イメージ 4
駅周辺にも路上駐車が目立ち、パトカーが巡回してどかすように呼び掛ける始末でしたが、20分に一本は列車が来るような便利な駅で、駐車場もないんだから、どこか近隣の駅にでも車を置いて列車で来ればいいのにと思いました
イメージ 5
近くのショッピングセンターのATMでお金を下ろして戻って来てからも相変わらずの混雑で、狭いホームは完全にキャパオーバー状態
日没が近づいても、人は減るどころかむしろ増える一方です
イメージ 6
この日の宿泊先は平成駅近くの自遊空間にする予定ですが、同じように平成駅に来ていた駅めぐり仲間の永和さんから夕食のお誘いを頂いたので、19:13発普通熊本行き1496M(クモハ815-9)で一旦熊本へと戻ります
 
熊本駅近くの飲み屋で永和さんと馬刺しを食べて、平成最後の晩餐。ごちそうさまでした
イメージ 9
永和さんとお別れした後は、熊本駅でしばらく時間を潰してから22:37発普通肥後小津行き1529M(クハ814-4)で再び平成駅
人は減ったものの相変わらず行列ができていました
イメージ 10
平成駅でカウントダウンするという手もあったのですが、一日動き回って疲れていたので15分ほど歩いて、自遊空間熊本十禅寺店へ
受付も会計も全ての自動のハイテクな店舗でした。元号から変わってすぐ就寝しましたが、時代の変わり目って案外あっけないものなんですね
 
平成31年4月30日
新規訪問駅:20
総訪問駅:2931