まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

9/6 近すぎて降りたことのなかった福知山線の2駅に降りる

福知山線に入って1駅目の塚口で下車

時刻は19時12分、すっかり日が暮れてしまいましたがまだ体力に余裕があるので2駅だけ降りておこうと思い下車しました
イメージ 1
駅舎は昭和58(1983)年6月の橋上駅舎で写真は東口
こちらは裏口のような感じで駅前には森永の工場を取り壊してできただだっ広い更地が広がっているだけです
イメージ 2
駅舎西口
こちらがメインの出口のようで小さな公園があり、マンションが立ち並んでいます
イメージ 3
19:27発普通新三田行き1207B(クモハ207-2004)で猪名寺
ここも塚口同様近すぎて降りることがありませんでした
昭和56(1981)年4月の福知山線尼崎~宝塚間電化に併せて開業した駅で、駅舎は特に取り立てて言うほどの特徴もないよくある橋上駅舎です
写真は西口で、駅前には小さなロータリーと自転車駐輪場がありますが、自転車は駐輪場に収まりきらないのか駅前にも溢れていました
イメージ 4
駅舎東口
駅前には割と大きなロータリーがあり西口よりは駅前が広く感じられます
イメージ 5
駅前には猪名寺駅開業を記念した碑があります
デザインはかなりシンプルで説明書きも必要最低限のことしか書かれていませんでした
とりあえずこれでこの日の駅めぐりを終了し、19:44発普通新三田行き1209B(サハ207-1104)で宝塚に帰りました