まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

12/26 北の大地での最後の夜(追分→苫小牧東港)

イメージ 1

追分19:36発特急スーパーおおぞら10号札幌行き4010D(キハ283-3)に乗り、南千歳へ

1時間後にまた戻って来ることになるので、駅舎等の撮影は後回し
イメージ 2
1分遅れで到着した19:58発快速エアポート192号3974M(クハ785-3)で新千歳空港
イメージ 3
車両は785系NE-3編成
特急スーパーカムイ等に使用されていますが、今後は函館から転属してきた789系による置き換えが行われるそうです
イメージ 4
新千歳空港ターミナルビル内の弟子屈ラーメンで魚介しぼり醤油ラーメンで夕食
北海道での食事もこれが最後です
 
ターミナルビル内の土産物屋で白い恋人を買った後、再び新千歳空港駅
イメージ 5
20:48発快速エアポート207号3971M(クハ721-3203)に乗り、南千歳へ
22:05発苫小牧東港フェリーターミナル行きバスの時間まで駅の待合室で待ちます
イメージ 6
この日は冬型低気圧の影響でフェリーの運航時間帯に大幅な遅れが出ることがあらかじめ知らされていました(南清水沢駅に居る時に新日本海フェリーの方から携帯に電話で知らされました)
イメージ 7
22:05発南千歳駅前発苫小牧東港フェリーターミナル行きバスは道南バスの「室蘭22う520」
いすゞキュービック1997年式で、苫小牧市営バスから引き継いだ車両です
乗客は10人足らずで、車内は比較的すいていました
イメージ 8
43分で苫小牧東港新日本海フェリーのターミナルに到着
後で調べて分ったのですが、日高本線浜厚真駅から徒歩20分で行けるそうです
まあ、遅い時間なので多分事前に知っていても歩こうとは思わなかったでしょうが
イメージ 9
苫小牧東港からは23:30発敦賀行き直行便で人生初の船旅が始まります
敦賀に着くのは翌日の夜なので、敦賀に一泊せざるを得ず宝塚に帰れるのは2日後のことになります
旅はまだまだ続きます