まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

H27冬の北海道遠征

12/26~27 新日本海フェリーで苫小牧から敦賀へ

乗船時間が来たので、船に乗り込み、まずは1日近くの長い時間を過ごすことになる客室へ 2段ベッドが並んでいる部屋の構造がなんとなく学校行事で泊まる合宿施設の部屋を彷彿とさせます(ベッドの向きが違いますが ベッドはこんな感じ 寝台特急のB寝台より少…

12/26 北の大地での最後の夜(追分→苫小牧東港)

追分19:36発特急スーパーおおぞら10号札幌行き4010D(キハ283-3)に乗り、南千歳へ 1時間後にまた戻って来ることになるので、駅舎等の撮影は後回し 1分遅れで到着した19:58発快速エアポート192号3974M(クハ785-3)で新千歳空港へ 車両は785系NE-3編成 特急…

12/26 <終>減便直前!石勝線駅めぐり その3(十三里・川端・滝ノ上・追分)

東追分15:26発普通夕張行き2639D(キハ40-1706)で十三里へ この駅も3月ダイヤ改正での廃止が決定しています この駅での待ち時間は1時間13分と結構長めですが、東追分でもそれなりに時間は潰せたのでそれほど暇を持て余すことはないはず・・・です 駅の構造…

12/26 減便直前!石勝線駅めぐり その2(夕張・南清水沢・鹿ノ谷・東追分)

沼ノ沢12:00発普通夕張行き2635D(キハ40-1706)で終点の夕張へ 車内は鉄道ファンが多く、それなりの乗車率でした 2度の移転を経て平成2年12月26日に現在地に落ち着いた夕張駅 訪問日は現在地への移転からちょうど25年という節目の日だったわけですが、この…

12/26 減便直前!石勝線駅めぐり その1(占冠・新夕張・沼ノ沢)

1分遅れて到着した十勝清水8:26発特急スーパーおおぞら2号札幌行き4002D(キハ283-8+キハ282-3002+キハ282-6+キハ282-3004+キロ282-2+キハ282-2006+キハ283-14)に乗車 やっぱり特急列車は乗り心地もよく、いつまでも乗っていたくなりますが9:21着の占冠で下…

12/26 <終>減便直前!根室本線駅めぐり その3(羽帯・十勝清水)

北海道遠征最終日、この日は石勝線を中心に駅めぐりをした後苫小牧東港から敦賀行きフェリーに乗り込みます 早朝の帯広駅 新得方面へ向かう普通始発列車の発車時刻は6:53 切符売り場隣の駅弁売り場で駅弁を購入しホームへ 6:46発特急スーパーとかち2号札幌行…

12/25 減便直前!根室本線駅めぐり その2(豊頃・帯広・稲士別)

上厚内15:12発普通帯広行き2526D(キハ40-1758)に乗車 首都圏色のキハ40と国鉄時代の姿を色濃く残す木造駅舎の組み合わせは絵になります 15:27着の浦幌で28分間停車し、15:50発滝川発釧路行き2429D(キハ40-1778+キハ40-739)と交換 2429Dは308.4kmを8時間2…

12/25 減便直前!根室本線駅めぐり その1(浦幌・十弗・上厚内)

釧路10:20発普通新得行き2524D(キハ40-1754)に乗車 この列車で十弗まで行きます 時間帯のせいか割と空いており、乗客は10人ほど 10:42 東庶路信号場に運転停車 釧路行き2577Dと特急スーパーおおぞら1号と交換 白糠に着く辺りから雪が降り始めました 11:16 …

12/25 釧網本線4725Dで釧路へ

網走6:41発普通釧路行き4725D(キハ54-510)に乗り、釧路を目指します 釧路までの169.1kmを4時間26分かけて走るそこそこ長距離の列車で、五十石を除く各駅に停車します 網走発車時、乗客は10人ほどでした 網走を発車して少し走ると外が明るくなってきました …

12/24 <終>減便直前!石北本線駅めぐり その3(西北見・東相内・西女満別・緋牛内・美幌・端野・網走)

西留辺蘂14:31発普通網走行き4665D(キハ40-1791)に乗車 留辺蘂で5分間停車し、特急オホーツク6号と交換 キハ183-104を先頭とした4両編成で、先程遠軽から留辺蘂まで乗ったオホーツク1号の車両が網走で小休止の後に折り返してきたものです 14:58着の西北見…

12/24 減便直前!石北本線駅めぐり その2(遠軽・留辺蘂・金華・相内・西留辺蘂)

高台の上に建つ遠軽駅の駅舎 昭和7(1932)年8月改築の一部二階建てで、主要駅らしい風格を備えています 10:57発特急オホーツク1号網走行き11Dが発車3分前に入線してきました。 ここ遠軽で方向転換をして網走へ向かいます 編成は網走方より キハ183-211+キロ…

12/24 減便直前!石北本線駅めぐり その1(上白滝・白滝)

静まり返った早朝の上川駅にキハ40のディーゼルエンジンの音だけが響き渡る… 1番ホームには白滝・遠軽方面への始発列車である6:16発普通網走行き4621D(キハ40-730+キハ40-826)と旭川方面への始発列車である6:11発普通旭川行き4520D(キハ40-1716+キハ40-82…

12/23 旭川地区駅めぐり(永山・新旭川・北日ノ出・旭川四条・将軍山・当麻・上川)

15:48着の永山で下車 旭川近郊の駅で、駅前にはマンションが建つなどそこそこ都会的な雰囲気 駅舎は改装や増築などが行われているのでそれほど古さを感じさせませんが、結構古いもののようです 16:06発普通旭川行き1366D(キハ40-1714)で隣の新旭川へ 石北…

12/23 減便直前 宗谷本線駅めぐり その4(北星・美深・名寄)

10:54 駅前に郵便局もある智恵文駅を出発。北星駅へ歩いて向かいます 駅を出てしばらくは人家も点在しており、歩行者や雪かきをしてる人なども見かけましたが、10分も歩くと人家もほとんど見えない雪原の中を行く道へとなります しかし、遠くを見ると牧場が…

12/23 減便直前 宗谷本線駅めぐり その3(音威子府・咲来・智恵文)

北海道遠征3日目 この日は南稚内から宗谷本線と石北本線を使い、宿泊予定地の上川へ向かいます 早朝の南稚内駅 駅舎内の待合室の壁には宗谷本線・天北線・興浜南線の駅舎の昔の写真が貼られているので列車の時間までそれを眺めて時間を潰します 名寄方面への…

12/22 減便直前 宗谷本線駅めぐり その2(筬島・南幌延・安牛・歌内・南稚内)

徳満11:34発普通名寄行き4330D(キハ54-501)は昼間の列車の割には乗車率が高かったのですが、その大半が旅行者でした 途中の幌延で4分間停車したので、車外に出て駅の跨線橋などを撮影 12:59着の筬島で下車 ここも秘境駅として知られている駅の一つです 駅…

12/22 減便直前 宗谷本線駅めぐり その1(稚内・糠南・問寒別・雄信内・徳満)

札幌から乗った夜行バス「はまなす号」は早朝5時55分、まだ暗い稚内駅前に到着 日本最北の駅、稚内駅 駅舎は新しく綺麗ですが、列車の本数が少ない上に冬の早朝ということもあって寂しい感じです 稚内6:04発普通名寄行き4326D(キハ54-510)に乗車 稚内から…

12/21 東豊線で中央バスセンターへ

ラーメンを食べた後は、再び札幌駅へ戻り、中央バスセンターを目指すべく地下鉄に乗ります 地下鉄さっぽろ駅まで来たものの時間の余裕は結構あるので、車両を撮影してみる 19:49発栄町行き268(706F) 19:51発福住行き257(909F) 20:05発栄町行き272(707F…

12/21 <終>札幌近郊駅めぐり その4(札沼線 篠路~八軒)

桑園16:24発普通北海道医療大学前行き595M(クハ733-205)で篠路へ 西口駅舎はプレハブのような簡素な建物。無人かと思いきや駅員さんがいました 一方の東口駅舎は古くからの木造モルタル駅舎 所々改修の手が入っていますが、大切にされている感じがあって好…

12/21 札幌近郊駅めぐり その3(函館本線 銭函~稲穂)

朝里14:34発普通苫小牧行き2778M(クハ721-12)で銭函へ 駅舎は昭和6(1931)年12月に改築された木造駅舎で、外壁は新建材で覆われていますが、出入口部分に時計付きのマンサード屋根が残されているのでなかなかいい感じです 正面から見ると一階建てのように…

12/21 札幌近郊駅めぐり その2(函館本線 南小樽・小樽築港・朝里)

苗穂12:04発普通手稲行き1761M(クハ731-121)で札幌へ この後何に乗ってどこに行くかも決めていませんが、とりあえずホームに降りる 10番線にキハ183が停まっていたので撮影 どうやら特急オホーツク2号での運用を終えて車庫に戻る途中のようです 編成は札幌…

12/21 スカイマークで北の大地へ&札幌近郊駅めぐり その1(平和・白石・苗穂)

お久しぶりです。もう年が明けてから12日も経ってしまいましたが、年末に行った北海道への旅行記を今日から何日かかけて書いていこうと思います(おそらく書き切るまでに2週間くらいはかかると思います) まずは初日となる12月21日 神戸空港から飛行機で新千…