まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

6/23 鬼怒川温泉へ

この日は所属する鉄道研究会の梅雨旅分で鬼怒川温泉

浅草駅を15時ちょうどに出るスペーシアに乗る予定だったので2限終了後に昼食をさっさと済ませて大学から徒歩で浅草駅へ
途中本郷で方角が分からなくなって道に迷ったものの2時間弱で浅草駅にたどり着くことができました
イメージ 1
浅草駅の駅ビルは昭和6年の開業時に建てられたもので、設計は南海難波駅近鉄宇治山田駅を設計した久野節です
昭和49年の改修で外壁がアルミルーバーで覆われてしまいましたが、平成24年にそれが撤去されネオ・ルネサンス様式だった開業時の姿に復元されました
イメージ 2
手狭な櫛型ホームに入ると乗車予定の15:00発特急けごん31号東武日光行き1031がすでに入線済み
「日光詣スペーシア」塗装の103Fでした
最後尾1号車(クハ103-1)の個室に乗り込み、定刻通り浅草を出発
イメージ 3
今時珍しい車内のビュッフェで軽食を買い同室4人でシェア
 
特急は普通や急行に比べるとやはり速いもので、あっという間に春日部を出て田園地帯をひた走ります
新鹿沼を出ると一気に山深くなり、定刻より4分ほど遅れて16:43下今市に到着
イメージ 4
下今市で下車し、鬼怒川温泉方面に向かう列車に乗り換えます
イメージ 5
下今市からは16:47発快速会津マウントエクスプレス5号会津若松行き3159(AT701+AT751)で鬼怒川温泉
イメージ 6
鬼怒川温泉には17:17着
隣のホームにはSL大樹の客車が停車中
イメージ 7
牽引機のC11 207は方向転換のために入換え作業中
雨のためか観光客はほとんどいませんでした
イメージ 8
現在の駅舎は昭和39年の駅移転時に建てられたもので、平成18年と平成29年にリニューアルされています
駅前には三次駅から移設された転車台があり、SLの方向転換に使われています
雨が降っていたのと時間が遅かったのとでこの後は特にどこも行くことなく宿泊先へ直行しました