まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

3/26 東海道本線駅めぐり(塚本・立花・摩耶)

天満16:35発紀州路快速和歌山行き4187M(モハ223-2504)で大阪へ

大阪16:45発普通新三田行き1187B(クモハ207-1013)に乗り換え、塚本で下車
イメージ 1
島式2面4線の高架駅で、現在の駅舎は昭和47年に完成しました
1番線と4番線には柵が設けられて通過線となっています
イメージ 2
塚本16:57発普通西明石行き191B(クハ207-113)で立花へ
島式2面4線の地上駅で、昭和45年に橋上化されました
塚本同様、1番線と4番線は通過線となっています
イメージ 3
立花17:11発普通西明石行き4569C(クハ206-1070)で摩耶へ
この日(3月26日)に開業した新駅で、ホームは島式1面2線です
写真は南口で、地形の都合で入口から自由通路までの高度差が大きくなっています
イメージ 4
駅前にロータリーが設けられている北口
自由通路の改札前にはコンビニが入居しています
開業初日とあって鉄道ファン以外でも駅にカメラを向ける人が多く見られました
 
この日の駅めぐりはこれで終了し、摩耶17:47発普通京都行き198B(クハ207-137)と芦屋18:00発新快速草津行き3302M(クモハ223-1011)、尼崎18:13発快速新三田行き5507M(クモハ207-1012)を乗り継いで宝塚に帰りました。
 
3月26日の分の記事はこれで終了です。お読みいただきありがとうございました。