まだ見ぬ駅を求めて~逆瀬の駅めぐり旅~

駅めぐりの記録をひたすら載せていくブログです。やたら更新する時と全く更新しないときがあります。

8/1 函館本線秘境駅+αめぐり その7

イメージ 1

桔梗16:26発普通七飯行き1875D(キハ40-835+キハ40-802)で大中山

戦後に開業した駅で函館郊外の住宅街の中にあります
イメージ 2
駅舎は平成25年12月に使用開始された木をふんだんに使ったもので、改築から3年を経ているものの室内の新築並みにきれいでした
無人駅ですが、この日は函館で花火大会が行われていて見物に行く人の利用が多かったことから切符販売のために駅員が出張してきていました
待合室で次の列車を待っているときにやってきたおじいさんが「普段は車を使っていて30年ぶりに列車に乗るのだが乗り方が分からない」と駅員に乗り方を訪ねているのが聞こえてきて、沿線にそれなりに人口があってもそれが利用には繋がっていない地方の現状を認識させられました
イメージ 3
大中山からは17:16発普通森行き5883D(キハ40-1800+キハ40-1803)に乗車
花火大会を見に行く人で都会のラッシュ並みの混雑の函館行き列車と違い車内は空いていました
イメージ 4
砂原線を経由し終点の森には18:35着
駅構内には内浦湾からの海霧が立ち込めています
イメージ 5
待合室で18:54発普通長万部行き823Dを待っていると「823Dの前を行く18:39発特急北斗19号19Dが車両点検を行った影響で遅延している」との放送が
駅員さんに尋ねてみると後続の823Dも遅れる可能性が高いとのこと
予定では823Dで桂川に18:58着、19:25発の822Dまで滞在することになっていますが、このまま823Dが遅延してしまうと桂川での滞在時間が少なくなる・・・いや822Dで函館に戻れなくなってしまう可能性が出てきました
イメージ 6
結局823D(キハ40-808)は北斗19号の遅延の影響を受けて森には24分遅れの19:17着
わずかばかりの乗客を降ろし、私と地元のおばあさんを乗せて19:18発
イメージ 7
桂川には26分遅れの19:24着
当然822Dに桂川から乗るのは不可能です
イメージ 8
海霧立ち込める日没後の桂川駅
この駅も分割民営化時に仮乗降場から昇格した駅で、今回の旅で訪問してきた東山、姫川、北豊津、蕨岱と同様に来年3月ダイヤ改正での廃止が廃止が予定されています
イメージ 9
待合所はホームから駅前に降りる屋根付き階段の途中に設けられています
非常に簡素なものですが一日の利用客が0人を記録し続けている状況を考えるとあるだけマシと言えるかもしれません
イメージ 10
小さな漁村に面する駅入り口
駅前には小さな広場があるだけで、周辺には何軒か人家がある割には怖いくらい静かです
イメージ 11
駅の撮影を終え、先ほど森駅の駅員さんから聞いたタクシー会社に電話をかけ、「桂川駅から森駅まで乗せてほしいとの旨を伝えると、電話を掛けてからほんの5分ほどでタクシーが到着
イメージ 12
タクシーは海沿いの暗い道を走ってほんの5分で森駅に到着
870円しましたが、やっぱりタクシーは便利だなと痛感させられました
イメージ 13
先ほど桂川から乗ることができなかった普通函館行き822D(キハ40-1805)は2番ホームに停車中
19:29着で19:57発と実に28分もの間停車しているのでタクシーを使うことで追いつくことができました
イメージ 14
森駅構内の海霧は桂川に行く前より濃くなっているようで幻想的な雰囲気です
19:57 定刻通りに森を発車
乗客は私以外には鉄道ファンと思われる男性が一人だけでほとんど空気輸送といった状況です
イメージ 15
森で行き違いのため5分間停車
闇の中に待合室の灯りだけが浮かんでいます
 
途中大沼公園七飯からも乗車があったものの空席が目立つ状況で終点の函館に到着
本州へ戻るフェリーまでまだ時間があるので少し時間を潰そうと思って改札を出ると外は都会のラッシュ並みの混雑
イメージ 16
前の記事でも書いたようにこの日は函館港で花火大会が行われていました
そのため駅構内は花火を見終わって列車で帰宅しようとする人で溢れかえっていました
イメージ 17
この状況ではゆっくりすることもできそうにないと思い早めにフェリーターミナルへ行ってしまうことにして函館21:45発臨時普通七飯行き9867D(キハ40-836+キハ40-1806+キハ40-1813+キハ40-734)に乗車
4両に増結されていましたがデッキ付きセミクロスシート車ということもあってデッキ部は殺人的な混み具合でした
五稜郭駅前はタクシー争奪戦といった状況でしたが、幸いにも旅行者と思しき外国人の女性が「お先にどうぞ」と譲ってくれたので思ったより早くタクシーに乗ることができました。
都会でよく見る我先にと割り込んでいく人間ではなく、この方のような心づかいができる大人になりたいなと感じました
旅先で親切にされるとそのことはいつまでも心に残るものです
 
わずか数分でタクシーは津軽海峡フェリー函館フェリーターミナルに到着。桂川→森より距離的には短いものの料金は高く1150円でした
 
フェリーターミナルで弁当で遅い夕食を済ませ23:50発26便でいよいよ北海道を後にします